哲学論理学部

哲学倫理学部では、物理性心理学(自然摂理人間学)を総合基礎学とし、生命のメカニズムや人間のメカニズムを研究します。
当学部は、経営エネルギー科学学科と生命科学意療学科から成り立っており、各々の専門分野でのメンタリスト(エキスパート)を育成します。

学科

カリキュラム

基礎学 カリキュラム
哲学倫理学部
基礎学
「自然摂理人間学」
(1)脳と生命の関係
(2)細胞と周波数
(3)DNAと意識
(4)物質の成り立ち
(5)エネルギーと空間
(6)本質と現象

経営エネルギー科学学科

「無限循環」という考え方(科学)が、社会をここまで劇的に変えて来ました。アマゾンに見るノーリスク&ハイリターンシステム、クラウドにおける非サーバー的サーバーシステム。これらのシステムは、人間の身体内における生命メカニズムを研究し、普遍性の法則から導きました。経営エネルギー科学学科では、免疫経済システムなど、人間のメカニズムおよび生命のメカニズムを斬新に研究、新たな法則を発見し創造するメンタリスト(エキスパート)を育成します。

※ 対象:経営者、講師など

経営エネルギー科学学科カリキュラム

(1)脳が作り出す経営論 (4)人財育成と人財適応論
(2)目的論と原因論 (5)概念の進化論
(3)自己意思決定性と価値論 (6)普遍性と特定論経済

生命科学意療学科

格言『医は仁術なり』が表すように、 旧態医学は、人命を救う博愛の道である、という考え方が、医療倫理の中心的な考え方でした。最先端医療では、『医は生命なり』。このパラダイムシフトを起こす基礎概念を学びます。真の意療(医療)は、勇気と希望と期待を、薬と包帯と人の手に当てはめるメンタリスト(エキスパート)を育成します。

※ 対象:医療関係者など

生命科学意療学科カリキュラム

(1)上部脳幹(間脳)のメカニズムの作用とその影響 (4)意識干渉と自覚システム
(2)間脳を基準にしたブロックシステム (5)ホメオスターシス復元力と成長
(3)細胞科学と光伝達 (6)真の健康と疾患のメカニズム